--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.29.Sat

自炊★かぼちゃと胡桃のパスタ★

かぼちゃと胡桃のパスタ


本日の夕餉。
 かぼちゃと胡桃のクリームパスタ
 小松菜と若布の中華スープ


一寸ホワイトソースが硬くなっちゃいました。
塩豚かベーコンも一緒に炒めたらもっと美味しかっただろうなぁ。次回リベンジですね此れは。塩豚作ろう。
ワンルームの一口コンロなんで、パスタ作るのは結構大変(^-^;
なんで、スープはレンジで全部やっちゃいました。

自炊が好き。夕飯は外食しないときは、殆ど自炊。
だって安上がりだし。コンビニ弁当は、食べてもお腹が満たされないの。「食べ物」だけど、「御飯」じゃないから。
お昼は菓子パン一個とかで全然平気なんだけどね。

明日は、冷蔵庫の紅玉が腐る前に、アップルポテトパイ作ろー★
スポンサーサイト
独リ御料理(自炊)トラックバック(0)  コメント(3)
2005'10.27.Thu

「認定心理士」仮認定申込み。

気付けば学部内受付が明日締め切り。
やばやば。

っていうか、1回生2回生ん時のシラバスなんて持ってるわけないじゃんか!!
しかも毎年認定科目一覧が更新されているのかと思いきや、「履修した年度学期の認定科目一覧表が有効です」だって?

はぁぁぁぁぁぁ?????
必要なら必要って、認定がその時のものならそうだって、ちゃんとオリエンテーションのときに言うべきじゃないか??
翌年度に科目が削除されちゃったと思って、取らなくてもいい科目を取っちゃった人がいっぱいいるんだぞ??

…と、先日の説明会で半ばぷちぷち来ていた次第。
そんなこと言っても仕方ない。後輩にはちゃんと説明してあげてくださいと、教務課にクレェムして終了。

いまは図書館でシラバス印刷してました。
何故か途中切れてしまうシラバス。どうやっても直せないシラバス。
…苛めか??(妄想)
もういいや此れで。
あとは審査料\10,000振込んで出すのみ。
審査通ったら\30,000振込まねば…(;_;)
ボロイ商売だな社団法人日本心理学会☆
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.25.Tue

卒論調査3連続→恋愛論。

2限目~4限目=10:40~16:10まで、3連続で面接調査
キッツー(^_^;)
動いてないんだけど、ちょっと疲れるね。

被験者は後輩だったんだけど、うち一人と思い掛けず語らった。
彼女と一対一でフツウのことを喋り合うのは初めてで、まさか僕と彼女の組み合わせで、こんなに色々話してくれるなんて思わなかったもんだから、面食らった。
僕が4回生だから言えるんだろうなあってこと聞いたり。部活に居ないからね。誰のドコをどう不満に思ってるとか、彼氏の話とか。

女の子ってムズカシイ。
男の子はやっぱその感覚が分からないらしくて、何で不満なのか、不安なのか、淋しいのかが『理解』できないみたい。
その感覚のズレは付き合う中で辛いものなんだよね。
僕は自分の彼だけが理解ないのかと思ってたけど、結構全般的にそうみたい。
彼は3年間で「決して『理解』は出来ないけど、不安や淋しさは知っておく」という考えを持ってくれた。
だから、僕はせめて彼を信じて、出来ることをしようと思った。

後輩の彼氏はどうかなぁ…変に頑固な人だから、つらいだろうなぁ(^_^;)
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.24.Mon

今日も障害児学級ボラ。

疲れた…(笑)
パワフルです。エネルギーが迸っちゃってますね。

どうもここ数ヶ月、テンションの上がり方が違ってきてるような。
身体接触と、独占が増えてきた。
何が何でも自分の教室移動に附いてきて欲しいみたいだったり、他の子の勉強を見ていると注意を引こうとしたり。
僕は曲がりなりにも女の子なので、元気に乗っかってこられたりすると結構キツイ(^-^;
体もキツイし、精神的にもキツイ時がある。

自閉っぽい子が居るんですが、彼は最近、胸・尻・股などを触ったり、髪の毛を口に入れたりといった接触が増えた。今日はあんまり無かったけど。
コーディネーターである大学の教授に相談したら、「逃げろ」とのこと。
こういうのって、汚言と同じところから来るのかなぁ…。
触られるのが嫌というより、リアクションに困る。

さらにこの自閉の子、最近盛んに地震だ!」っと叫んで、揺れたり暴れたりします。
内界の危機に関わる「地震」なのか。自閉は別に幻覚とかが症状じゃないから、多分彼の中の地震なんだろうなぁ。
今、音楽発表会のためにクラスで練習しなきゃいけないらしい。此れが彼を脅かしている部分もあることでしょう。
『しなきゃいけない』『しちゃいけない』『合わせる』
此れは自閉児には本当にしんどい、耐え難いことかもしれない。
けれど、させなきゃいけない。
判っているけどさせる。学校教育は辛い…。多分、現場では担任の先生が一番辛い。
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.21.Fri

今日も調査とってます。

2回生のゼミで被験者募集したときに来てくれた子でした。
19歳。女の子。
正直苦手なタイプ(笑)騒々しい子です。

吃驚したのは教示やセオリーに従ってくれないこと。

①「指示する場面を考えて、お話を展開してください」という教示に対して、行き成りイラスト描いちゃった
しかも絵のみ。文なし。いや普通文だろ…。

②テスト中ベラベラ喋りっ放し。
いやそんなこと聞いてねぇし。リラックスしすぎ。

③1~5まで解答欄があって、場面を提示して書いてもらうって教示したのに、何を思ったのか3~5を一気に完成。
人の話聞けよ。

この大学に来たのは、本命を落ちてどうでも良くなったため、受かった中から鉛筆転がして決めたそうで。
友人は周知のとおり、乾はそういうの大っっ嫌いデス。
嗚呼。調査に私情を挟んじゃいけないのにね(笑)

まぁ、心理に全然興味ない人や馴染みのない人に対しては、教示に不足している部分があることが実感されました。分かってはいたけど、具体的にどの辺が改善点なのか。
かといって懇切丁寧に教示しちゃうと、心理よりの人には妙なバイアスかかっちゃって逆効果だしなぁ。使い分けが難しい。
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.19.Wed

ヒトリ身体測定。

久々に大学の健康管理センターで体重測定。
無駄にカラダスキャンとかが何台か備わってるので。

性別      女
年齢      21才
身長      163.2cm(ちょっと低めに入力?)
体重      45.6kg
インピーダンス 525Ω
体脂肪率    16.2%
脂肪量     7.4kg
除脂肪量    38.2kg
体水分量    28.0kg
BMI       17.1
標準体重    58.6kg
肥満度     22.2%


…うっそーん??(;゜Д゜)
過去最高に痩せちゃってますね。
高校時代、ダイエットしたときで体脂肪17%の体重46ちょいだったもんなぁ。暴食してるのに…。すっげぇな…。
絶対肥えたと思ってたのに。
皆が「痩せた」って云うのも、気のせいだとかお世辞だとか思ってたんだけど、意外と他人の方が分かってるんですねー。

大学入ってから一時期体重53~4くらいまで増えたから、めさめさアップダウン激しかったんだー。
ぽっちゃりがお好みの彼氏、
「フトモモが…」「むちむちが…」
いや、泣くなよお前(笑)

ちなみに、あまりの痩せ具合に信じられず、え?は?まじ?と呟きつつ測りなおしてみると

体重45.3kg

減ってるし!!!∑(;゜Д゜)
3分で300グラム痩せてんの俺?!
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.16.Sun

ナナ先生って…(笑)

今週の小学校のボランティアはいつもとちょっと違います。
障害児学級の皆が地域の遠足だったんで、なんと普通学級の4年生をみることに。
担任が不在のため、プリントやらせたり質問答えたりしました。
恰も教育実習。

朝の挨拶で恒例のご質問。
「先生歳いくつー?」「独身ー?」
何時の時代もがきんちょ様のお考えは同レベルです。

そのクラスの女の子たち曰く。
ナナに似てる~☆
キタ――――――――――――。
「え?似てないって~(^_^;)眉毛ないから??
ウケました。自虐式ツカミオッケー。

去年にも新京極で、チェックミニスカにライダースでいたら後ろから「…ナナ?」とカップルに言われましたが。
今年は映画だから余計だよね。
サイン帳のプロフィール頼まれました。何時の時代も小学生は同じ文化を持ってるんだと知りました。
明日行ったら書いてあげなきゃ。
 ...READ MORE?
徒然雑記(日記)トラックバック(1)  コメント(0)
2005'10.13.Thu

卒論インタビュー本格開始

寧ろ遅いくらい☆(爆笑)

えー、思ったより皆さんイマジネーション働かせてくれます。
1時間以上は当たり前。2時間近く掛かるみたい。
被験者の皆さんには貴重なお時間を沢山割いていただいてしまって、申し訳ないやら(^-^;)本当に感謝感謝です!
お世辞でも、面白かったって言っていただけると、嬉しいですね。

沢山の人に沢山の時間を頂いて、ひとつの形にするんですね。
まだ学位論文ですが、調査論文を書くっていうことは、責任感謝を胸に成し遂げなければならない仕事なんだって知りました。
たかが学位論文。されど多くの方にご協力いただく。
適当でなぁなぁな心構えで書いては失礼ですね。
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.11.Tue

春。もう一度院試。

教授のところに、進路相談に行きました。
院進学を目指すのが怖いこと。自分の真意が不安なこと。
なんで今こうしているのか。僕は臨床を志すことが全くそぐわない人間ではないのか、ということ。

教授は、「いまこの大学に居て孤独じゃないですか?」と仰いました。
僕は一寸考えて、「孤独じゃないけど、何かがずれているような気がすることがあります」と答えました。
通じないことがある。分かってもらないことがある。両の手を何度かすかすかと平行に泳がせた。

「乾(本名じゃないよ)さんは、日本語を操る才能がありますね」って、教授は行き成り呟いた。そんなこと言われたことがなかったから、面食らって聞き返した。
だって、文章を書くのは昔っから苦手で、コンプレックスなのだ。
教授の言いたいことは、思い返せば、文章力ではなく「ことば」と付き合う力ってことらしい。日本語の近くに居ようとすること。
教授は僕の気質を、才能と呼びました。これを持ってやっていく場所を探すのはなかなか難しいと。うちの院は、大学よりもソッチ寄りの人間が多くなるから、話せるかもね、と。

教授の京大院時代の友人を思い出したそうです。臨床の人だったんだけど、自分の世界を持っていた人で、なかなかにやっていくのが難しく、最後は哲学を選んだらしい。
ロマンがあるんだよね」理論にロマンがある。だから難しいんだ。嗚呼、教授って凄いな。そんな言葉がするっと出るんだ。
キレイなものという意味ではない。魅力を、色を求めるってことだ。

一通り、1時間あまり話していた。泣き出しそうになっていたのも教授は屹度気付いていたんでしょう。珍しく、眼を閉じたまま会話するあの人が、こっちを見て笑ってくれていた。
若しかして僕、転移起こしてるのかな(笑)
それでもいいや。
「先生、もし春に此処に受かれて、先生の指導受けたいって言ったら、げーって思います?」図に乗って聞いてしまった。
告ってどうするよ、全く。

もう一回、院試を受けます。
「お金は墓まで持っていけないんだから、使っちゃいな。」
入ってみなきゃ、本当にやりたいのか、合っているのかなんて分かりっこない。そう思うよう頑張る。思うようにする。
屹度今しか院試なんて出来ないんだから。
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
2005'10.03.Mon

本館改装中。

だらだらだらだらだらだらだらだらだら。
本館サイトを改装中です。
しかしデザインが決まらないなぁ…。
うだうだうだうだうだうだうだうだうだ。
今日も日付が変わります(笑)

いい加減呆けるの止めて、新学期だし、卒論せな。
見事に夜型になってるもんね。

おお、「フェンシングの剣が刺さって死んだ」??
へー、死ぬんだアレ。
まあ、弓道でも矢が刺さって死ぬしね。当たり前か。
武道はスポーツである前に、武術ですからね。ついつい危険と隣り合っていることを忘れてしまいます。
張り詰めた緊張感の中にその「道」の精神を見出すものですもんね。

院試終わったし、弓引きに行こう。
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。