--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'05.23.Wed

懐古主義の欺瞞と小枝ピスタチオ

20070523215147
昔からあるお菓子のハイグレード化が進んでるね。
しかし小枝までねぇ。美味しかったなり。

ハイグレードな高級感を演出した、グルメとしてのお菓子が開発、売れる。
一方で、懐かしき復刻版が持て囃され、大人の懐古趣味をくすぐる。

何か、一寸違和感を感じるんだよね。

勿論僕もどっちも食べるけどさ(駄目じゃん)、何かバランスが悪い気がして。
気持ち悪い。

昭和が懐かしまれている。
色んな作品や商品が流通する。
これはエンタァテイメントとしても楽しいし、個人的に萌だから(マテ)嬉しい。
でもね、何かたまに気持ち悪いんだ。
作り物だし、嘘だし、遊びだって判ってる。
でもそういう嘘よりも、もっと嘘っぽい。
興ざめる嘘。

レディメイドだから?違うね。
マスが嘘を違う嘘に塗り替えてるのかな。
スポンサーサイト
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(1)
Next |  Back

ともりん

「今」が恵まれすぎてるんだよ。。

昭和の頃は、全て新鮮で不思議で、何をやっても受け入れられた

時代だった気がするにょ~。。。

ママくらいの年代の人がメディアのトップにいるから、当時の懐かしさ

を求めてるんだべな~(=⌒ー⌒=)

2007/05/24(木) 08:16:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。