--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.02.Sun

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

公開初日に行っちゃった…あは★(死)
え?現実逃避だって??いいじゃないか!我慢できなかったんだぁぁ!!!
逃げちゃ駄目だぁぁぁぁ!!!!!!

というわけで、この感動冷めぬ内に鑑賞感想文。
無粋なエヴァ論や分析をする気はありませんデス。
エヴァ世代として、シンジ達と同年代を生きた(そしてこれからミサト達と同年代を生きる)ものとして、
………つーかエヴァオタとして(ぶっちゃけた)
今日思った心の叫びを書き残すデス。

注意:ネタバレ有
---------------------------------------------------------------------


血の池。戦自の車両。そう、テレビ版まんまのオープニング。
ザバーっと飛沫を上げてサキエル~o(>∀∀<)o
相変わらず可愛い

で、やっぱりあの写真持ったシンジ君が公衆電話に。「しょうがない、シェルターに行こう」ってやつ。
おー台詞全部録り直されてるよぉ「お待たせvv」って言い方違ーう☆


しかし、ヤシマ作戦までやるのに、100分そこそこで足りるのかー??
…と思ってたらばやーっぱり、いろいろ飛ばされてるぅ!!!Σ(T□T)

カレーカップラーメンが!「レトルトのカレーで、良くここまでっ」ってリツコさんの台詞もなく、何か格好イイバーで大人の女の会話が成されてる…
「小隊長殿ぉぉぉ!!」「行け、行くんだ相田!」以下略
…が、無い… ので、シンジは一人で散々彷徨った後、「もういいですよ、連れて行ってください、ミサトさんの所へ」つって連れ戻されます。
「殴られなきゃいけないのは僕だ!」
…の、駅でのやり取りも無い…。シンジくんすんごい従順です。街を出て行きません。学校でトウジ殴る男の友情イベントが生あって(笑)、オシマイ。えぇぇ~…爽やかすぎ。浅い。
必然的に「ただいま」「お帰りなさい」 もない!!
これは無くっちゃ駄目でしょぉぉぉ!!??
こうやって人と触れ合って、痛い思いしていくんでしょ?!
…とまぁ、編集都合上カットされてる部分がいーっぱいあって。
それ以外にも、全体的にアップテンポになってて展開早かったな。

多分観客の殆どがエヴァ視てる前提で作られてるね。じゃなきゃ意味判んない所があるかも。


変わってる部分も多々あり。追加シーンも所々いーっぱい。
ゼーレが最初っからモノリス
「ようこそネルフ江」が活字
もう既に電車に揺られるシンジの内的世界が出現
ゲンドウがもう企みを語り始めちゃってるし、ユイさんも出ちゃってる
でも、もーっとうきゃーってなった変化もアリ。

綾波が人間ぽい!!Σ(。□。;)
ヤシマ作戦前に医務室のシンジの傍らにずーっといたり(TVでは食事持って入ってくる)、あんまり冷たくなかったり、喋り方に抑揚があったり、……なんかもう、兎に角綾波が綾波じゃない!!
すでに心が宿っちゃってるんじゃない?2人目も、もう一寸機械的だったじゃないの~??

ラミエルがめっちゃ変形する!!Σ(・ω・ノ)ノ!
攻撃する度にいろんな形になる!正八面体だけじゃないのね。一定の形状を持たず、攻撃するときのみ中心のコアが見える、という設定に。
死ぬときとか、ハリネズミみたいになってちょっとカワイ。ヤマアラシのジレンマ?

もうシンジにリリス見せちゃうの??!Σ(・口・)
ヤシマ作戦でぐずぐず言ってるシンちゃんに、ミサトさんがリリスを見せてふっかける。それでやる気になるのかシンジ…。
この辺のミサトとシンジの親密さは、「まごころ~」のとき、死ぬ直前にシンジにキスしたシーンをちょっと思い出す。今回は男と女がちょっと匂ってる。

でも一番の追加変更シーンは、やっぱこれよね…。
カヲル君ーーーーー!!!!!!!!Σ(T□T)
が、生まれたーーー???!!!Σ(・□・ノ)ノ!
いくつか黒い箱が並んでて、そのひとつから起き上がるカヲル君。他にも蓋が開いてる箱がある。ゼーレのモノリス(多分議長)が目の前に立ってる。空に浮かんでるのは、…地球かな?
…ていうか、もうなんですかカヲルくんってば!(笑)
「また3番目なんだね、変わらないね君は。早く逢いたいな、碇シンジくん」
ガチホモキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
やめろー!うわーん!(笑)狙ってるんだろぉ?!
裸体で空を見るなぁ!!!!(爆笑)


…さて!カヲル君のシーンから、今回の劇場版についていろいろ予想が出来ますね。
まず、ここはなんじゃないか?ってこと。背景に地球があったこと、そしてTV版でロンギヌスの槍が月に刺さったことが思い出されて、そう考えられる。
そんで、箱から使徒が出てくる(生まれる)のでは?ってこと。
カヲル君の発言から、新劇場版はもう一度繰り返されている世界なんじゃないか?ってこと。少なくとも単なるTV版の焼き直しや、Ifの世界じゃないんだろうな。そんな詰まんないこと庵野はしないだろ。

劇場版はその後の世界なんじゃないか、と、僕は思う。
「まごころを君へ」で、シンジは再びATフィールドのある、他者がいる世界に還ることを望んだ。ここは、そうしてシンジが選んだ世界のその後の姿、あるいは、つながっているがずれて存在するパラレル世界なんじゃないか。だから「また3人目」なんじゃないのかな??
ミサトとの関係も、何となく前作の段階を踏んだ上での雰囲気を持っているように感じるのは、その所為かも。
庵野がいう「エヴァは繰り返しの物語」っていう言葉にも合致するしね。そう、繰り返しなんじゃないかな、と。

…あ、若しくは、僕達がすでにTVと「まごころ~」の段階を踏んだ上で新劇場版の段階を視ているから、そう感じるのかもね。
変わったのは新劇場版だけじゃなくて、視ているこっちなのかも。

そー考えると、あのときのロンギヌスがまた出てきて複線になるのかな?とか、妄想できるんだけど、でも地下のリリスには勿論槍が刺さってる。
…ま、予想するのは自由だからね


…しかし、TV版はあんなに屈折していた人物達が、みんなイイコになっちゃってる気がする。毒気が無い。シンジもレイも。
時間がないから、さっさか展開しなきゃいけないから、仕方ないのかもしれないけど…。
先入観に前のイメージがあるせいだろうか、あんまり共感できない面が…。


次回予告は相変わらずサービスサービスぅです
あの女の子ダレ?とか、
伍号機…?それって量産機じゃなかった?誰か乗るの?とか、
気になるところいっぱいの次回予告。
いよいよ次回から「新生エヴァ世界」が動き出すみたい。
果たして収拾はつくのか?夢オチだったら許さないぞ?!

次回、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
楽しみに待ってますデス
スポンサーサイト
娯楽遊戯(ゲェムマンガ)トラックバック(4)  コメント(4)
Next |  Back

深夜(みや)

うわぁ~もう観たんだ!!
いいなぁーいいなぁー(≧_≦)
ネタバレ注意と書いてあったけど、気になって見ちゃった☆(笑)
ウチも早く見に行かねば・・・
いつ終わっちゃうかわかんないし><;

2007/09/02(日) 04:40:13 | URL | [ 編集]

ともりん

主題歌が「アレ」じゃなきゃぁ~♪

このところ車の中のBGMはアレです^^

んでもって、デカイ声で・・・・
はい、唄ってますが・・・なにか??(笑)


「ブラとパンツは何処かいなぁ~♪」

2007/09/02(日) 13:31:10 | URL | [ 編集]

神那

みちゃったー☆我慢きかなかったデス;;

でも一人で見ると詰まんないよー。
関西に残留してたらなぁ…。

2007/09/02(日) 15:04:59 | URL | [ 編集]

神那

相変わらず使徒の音楽は一緒ですよ(ノ∀≦*)

何か新しいチルドレンが出るみたい・・・?
茶髪の女の子。まさか鋼鉄のガールフレンドではあるまいな…。
テレビではカヲル君の4号機までだったよね?
今回は陸号機まで出るらしいよん。一緒に視たいねぇ。

公開中に帰省できたら見に行こうか~

2007/09/02(日) 15:11:23 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

(アニメ感想) ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見て

コンティニューvol.35あのエヴァンゲリオンが12年ぶりに復活!!今回は、旧作のフィルム映像は使用しないで、現存する原画から新たに撮り直し、新作カットを大幅に付け加えたと言われています。さて、現代に蘇ったエヴァがどのようにリメイクされたのでしょうか。*なお、...

2007/09/02(日) 01:37:31 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

新劇場版4部作の1作目は、旧シリーズの展開を踏襲しヤシマ作戦まで。ラストであのキャラが登場し、2作目以降、徐々に別の展開になりそうです。旧作のフィルムは全て手直しというかほぼ新規に等しいくらい、完全新規シー

2007/09/02(日) 12:31:45 | SERA@らくblog

ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序

 メチャメチャ面白かった! つーかね、やっぱこの人たち尋常じゃねぇわ。「単なる焼き直し」だと思って見てたら、特に後半は度肝を抜かれますよ?予告映像で見せてたのが「ほんのサワリ」であったことを、少なくとも

2007/09/02(日) 20:54:39 | Old Dancer's BLOG

標準ヘブライ語ではリリトLilit)は夜の妖怪か動物の一種だった。ユダヤ教の宗教文書タルムード及びミドラッシュにおいて

2007/10/04(木) 18:48:01 | 神話の世界

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。