--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'04.19.Sat

某児童養護施設に対して。

つーか職場なんだけど、
このままじゃホント駄目だ。
なぁなぁに長に従ってたら、僕は心理的関わりが出来なくなる。

そりゃ僕はまだまだペーペーで、大した臨床センスもないし、実力もないけど、
だからって今の職場の体制に甘んじる理由にはならない。

第一、子供たちの為にならない。
心理職自体がこんなにユラユラしてて、治療関係結ぼうとしたら、何が起きるか分からない。
危ない。
とてもじゃないけど出来ない

第一人手が無いから心理に直接処遇させるってのが間違ってる。
「子供たちの生活に飛び込まなきゃ心理は出来ない」ってのが施設長の言い分だが、そこには矛盾と間違いが満ちてると思う。

それだったら心理の教養ある保育士を雇えば良かったじゃないか。
直接処遇が回らないくらい人手が無いなら、心理士雇う余裕なんか無いじゃないか。

さらに、生活に密着した生々しい存在になっちゃったら、心理療法もくそもないだろう。

でもさ、「それは間違ってる」んだってさ。
施設長に言わせると。
びっくりしたよ。あんまりはっきり、自分が正しいと言わん許りに駄目だしするから。

そんじゃ僕は此所じゃ心理は出来ないよ。

昨日今日はそれで悶々してた。
やる気も失せた。

でも、おかんにブチまけて、ちょっと思った。
取り敢えず戦ってみようかなと。

ぶっちゃけ、資格試験でそれどころじゃないし、
S氏と離れたまんまってのがめっさ辛くて、こんな職場(このまんまだったらそう言わざるを得ない)なんか今すぐ辞めて京都行きたいけど、

逆らおうかなって。

………正直あまりにも分からず屋だったら、辞めるつもりでいるし。

我が儘だと、何様だと思う同業者もいるでしょう?
でも僕は強くないし、
まず今年は資格欲しいし、
………何より、この県の人間は昔っから権威を振りかざして自分の意見曲げないんだ。
良く知ってるよ。此所で生まれたから。
この栃木でね。

ちなみに、この記事を職場の方に見つかっても僕は一向に気にしない。
僕は、職場とブログで仕事に対する態度変えたりしないし、
厭なもんは厭と、
出来ないもんは無理と、言い続けるから。

そこは、若輩者でも関係ないと僕は考える。
心理職を目指す者として、僕には僕なりのプライドがあるから。
何の為に6年間、心理の学校に行ったと思ってんだ。
その文化を我が身に染み込ませる為じゃないか。

言っちゃ何だが、いくら施設長でも、
頭ごなしに心理の素人から間違ってるって言われる筋合いはねーんだよ!!!!

子供たちは大事だから、僕に少しでも出来ることがあるならしたいから、
それと、これからの栃木の心理の一助となるように。
…ってのは大袈裟だけどね(笑)
スポンサーサイト
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。