--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.16.Sun

ナナ先生って…(笑)

今週の小学校のボランティアはいつもとちょっと違います。
障害児学級の皆が地域の遠足だったんで、なんと普通学級の4年生をみることに。
担任が不在のため、プリントやらせたり質問答えたりしました。
恰も教育実習。

朝の挨拶で恒例のご質問。
「先生歳いくつー?」「独身ー?」
何時の時代もがきんちょ様のお考えは同レベルです。

そのクラスの女の子たち曰く。
ナナに似てる~☆
キタ――――――――――――。
「え?似てないって~(^_^;)眉毛ないから??
ウケました。自虐式ツカミオッケー。

去年にも新京極で、チェックミニスカにライダースでいたら後ろから「…ナナ?」とカップルに言われましたが。
今年は映画だから余計だよね。
サイン帳のプロフィール頼まれました。何時の時代も小学生は同じ文化を持ってるんだと知りました。
明日行ったら書いてあげなきゃ。

はじめての人に会うと注目して欲しくなるのがガキの性。五月蝿いしやらないしふざけるし。
適切に、キレるんじゃなく、静かに課題に向かわせるには、どう注意したらいいのか。難しいよホント。『先生』って凄いな。
先生のオーラ、空気、気質。そういうのって、上手く学校を動かすのに必須だと感じます。僕には出来ないと思う。
逆に言えば、先生になってしまった人はもう『先生』なんだって感じました。
スポンサーサイト
徒然雑記(日記)トラックバック(1)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ダイアリーエッセイ〔トラックバック〕

日々の生活の中で起こった出来事をエッセイ風に書いているブログを集めています。

2005/10/17(月) 03:39:43 | blolog〔ブロログ〕

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。