--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'11.03.Thu

「僕」って言っちゃいけないの?

僕は、自分のことをっていう。
『私』はなんか自分とズレてるし、『あたし』は違う色してるし、『俺』って呼ぶほどジェンダーに疑問を感じて反抗していた時期はとっくに終わった。
だから『僕』。うん。しっくり。

例の母親毒殺少女が自分を『僕』と表現していたことに、大和田獏が「僕って言ってるんですねー」とか言っていた。そんなに違和感感じることなんだろうか?
夜のニュースになり、各番組でも「少女は自分のことを『僕』と書いていた」なんて言っている。
いけないんですか?異常なんですか?

何年も前から、結構普通に沢山の少女や女性が『僕』を使っていると思う。
私というより『僕』の方が自分らしいと感じる人たち。それは必ずしもジェンダーアイデンティティに問題がある人じゃない。
完全に女であるよりも、そういう区別に距離を置いた場所に居たい人たち。
僕という言葉の響きに魅力を感じる人たち。実に様々、人其々。

自分の表し方はいっぱいある。私・あたし・うち・自分。そんな表現のひとつじゃないか。
僕に最適なのは『僕』だ。
僕を僕として他者から守る言葉『僕』だ。
だから僕は僕で居られるんだ。
スポンサーサイト
徒然雑記(日記)トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

>僕って言っちゃいけないの?

 いけなくない。自分がこの世界の中で、どのような存在であるかは自分自身が決めることだし、自分自身しか決められないことだから。
 その人が、その人らしい姿でいることこそ、誰もが平等に持つ、存在意義でしょう。つまり、「その人が、その人らしい姿でこの世界にいられる」、乾さんが、「僕は僕でいられる」と思うことこそが大事なのであり、それがわからない人の戯言に耳を貸す必要はない。

 などと、偉そうに書いてみましたが、気にしないでください。年寄りの、それこそ戯言でした。

2005/11/03(木) 00:45:21 | URL | [ 編集]

僕が僕で居ると、今一番しっくりと実感できるのが僕っていう言葉なだけなんです。今までそうだったように、また変わっていくでしょうね。
その人らしい自分であるための大切な装置なんですね。簡単で大切なこと。
文さんのコメント頂いて、後押ししてもらえたような、許してもらえたような気がしました。

コレに限らず、報道で偶に聞く、自分たちの知らない文化や考え方を異物のように否定したり、誇張して取り上げる態度が許せないんですよ(^-^;

2005/11/03(木) 17:03:10 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。